TEL:0120-931-066

なっちゃんの塗装日記

金額の高い安いの違い!!

2016-04-28

よく皆さんに聞かれることがあります。

それは、戸建ての塗り替えでなぜ各業者によって金額に大きな差が出るのか??

これは非常に多い質問です。

相見積もりをとると塗り替え総額価格が安い業者もいれば高い業者もいて、その差がかなり大きくなる時もあります。

これにはきちんと理由があります。

今回は安い業者のカラクリを少しお伝えします。

 

 

明らかに安い業者。

①安い塗料や安いメーカーで塗装する

これはどうゆうことかとゆうと、同じシリコンでも各メーカーによって塗料の金額に差があります。

なぜか?

それにはカラクリがあり、実際には同じシリコンではなく、名前にシリコンがついているだけで各メーカー中身は全く違うのです。

メーカーAの水性シリコンとメーカーBの水性シリコンでお話しした場合、Aは価格が非常に安くBが高いとしましょう。

その場合、Aのシリコンは安いだけあって中身があまり良くないシリコンが使用されています。それでもシリコンと呼べます。

そしてBのシリコンは価格が高いのですがとっても多くシリコンが入っています。こちらも同じくシリコンと呼べます。

どちらのシリコンが長持ちするかは明確ですよね。勿論多くシリコンが入っているBです。

どちらも総称はシリコンであるため、一見価格に差はあっても同じ耐久に思えるはずです。だって同じシリコンでしょと思ってしまいますよね。

実際に、営業の方などはメーカーが違うだけで中身はシリコンなのでAもBも耐久は一緒ですよ。ネームバリューの問題ですよ。とゆう方もいます。

がしかし、

実際にこのAとBの塗料を塗ったことがあればこの差には気づくわけです。勿論年数がたってからになりますが。

Aは安いけど耐久が5年。Bはちょっと高いけど耐久が10年。

同じシリコンでもメーカーや材料が変わるとここまで差が出るものです。

安いシリコンを使用すれば結果施工金額を安くできるわけです。しかし本当は耐久もかなり落ちるとゆう結果になりがちです。

実際、営業の方は材料のおおまかな耐久を本当に知らないのか、安い塗料で施工したいので知ってても言わないのかは分かりませんが・・・

 

 

②人件費を安くする

これは、いわゆる手抜き工事になります。

3回塗りが基本中の基本。3回塗るところを2回塗りにすればそれだけ人件費が安くなります。

2回塗りも3回塗りも見た目では違いは少なく一般の方ではまず見抜くことはできないと思います。

ただそこはやはり既定の塗り回数を意図的に減らせば、メーカーが出している耐久には届くはずもなく早く劣化してしまうわけです。

外壁だけではなく、付帯部と呼ばれる箇所も非常に大事になります。こちらも基本は3回塗り。

4回塗りなど上塗りを多く塗っても耐久が上がるわけではありません。勿論多く塗ることは手抜き工事ではありませんが効果がないんです。※使用材料によります

塗り回数を減らしても、今は塗料の性能が良いのでそこそこもってしまいます。なので手を抜かれてもしっかり塗装してくれた、と勘違いしているお客様も非常に多いんです。

 

ではなぜお客さんに実際の耐久を伝えずにこのように安いメーカー・塗料をしようしなければならないのか?

なぜお客さんをだまして手を抜かねばならないのか?

 

これは明確です。

それは大手の塗装屋さんは下請けの塗装屋さんを使って仕事をこなすからです。

弊社は職人直営店ですのでいただいた金額の工事ができます。

しかし

下請けを使用している業者さんは、お客様が契約した金額からかなりの割合を元請けが持っていくわけです。100万円で依頼しても実際末端の塗装屋さんが受ける金額とゆうのは60万ほどです。

そうなると見積もりで出していた内容、100万円の内容に見合った工事などできるわけもないですよね。残念ながらこういったことが非常に多いです。どの業界でも同じことがあると思いますが非常に残念なことです。

この様に安いのにも必ず理由があるんです。

 もうすでに出来上がっている全く同じもの購入される際は、安いにこしたことはありません。

しかし塗装、戸建てやアパートの塗り替えリフォームに関しては同じ条件で比較検討は難しく、

使用塗料のメーカー・塗料・塗り回数・施工方法などなどこれらを全て同じ条件での比較はほぼ不可能かと思います。

 

価格ももちろん重要な判断材料になりますが、これが一番になってしまうのではなく、どこの業者があなたのお家をきちんと保護してくれるのかもじっくり聞いてから業者を決めていくことも大切だと思います。

 

 

一級塗装技能士が在籍。職人直営店の東海装建

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんのご依頼!!

2016-04-16

 4月にはいりなかなか忙しく更新できていません・・・。

3月は皆さん年度末とゆうこともあってか、見積もり依頼は少し落ち着いておりましたが、本当にここのところ多くのご依頼をいただいております。

私もなかなか現場に出ることが出来ずに、見積もり・診断作成から始まり、ご契約いただいているお客様との打ち合わせや現場まわりなど、かなり充実した時間を過ごさせていただいており、感謝しております!

 

先日、約1年前にご契約いただいていて現在施工中の現場に顔を出してきました。

予想以上に天気が良い日が続かず、工期が遅れていてる状況です・・・

天気には勝てないとはいえ、お客様には申し訳ない思いです。

そんな中、全然うちはだいじょうぶですよ~と言っていただけほっとしております^^

 

その現場での一枚です。

IMG_1614

 

左半分は上塗りまで完了しております。(残すは細かな手直しです)

右半分は現在下塗り2回目完了になります。

下地の状態が良くなかったので、通常の下塗り1回ではなく、下塗2回塗りにしていきました

 

 

東海装建では常に窓を開けて換気が出来るように塗装していくため、このように二面ごとに仕上げていきます。

なので、これは北から写真を撮っているのですが、東南面が現在完了、北西面は下塗りに回目完了の写真になります。

もうちょっとです!!

もう少しお待ちくださいね^^

 

 

そしてもう一件。

こちらは某大手ハウスメーカさんの新築マンション塗装工事です。

こちらは三重県四日市になります。

こちらも雨にやられてなかなか進まず、ヤキモキしていましたが何とか完了です!!

 

IMG_1603

 

IMG_1602

 

このような感じで塗装は完了です!!ほぼ塗装仕上げだったので結構ボリュームありました^^

 綺麗に仕上がり、オーナーさんやハウスメーカーの方々にも喜んでいただけそうです!

 

 

 

一級塗装技能士が在籍。職人直営店の東海装建

 

意外なところで気づく!?

2016-04-06

なかなか事務所にいない船越です。

 

そんな私ですが、今日このようなことがありました。

 あまり昼間はしない事務作業をしていたら、近隣の方がご来社いただき、

 

 

「塗料の引き取りやってもらえないですか??」

「家に使いさしの塗料が入っている塗料缶がずいぶん長いこと放置してあり、捨て方も分からず困っている」

 

勿論弊社で可能です!!

とお返事して、回収させていただきました。

 

いや~意外でした。

こちらの余った塗料とかを無料でほしい方に、提供することは今までやっていたんですが捨てる時のことが全く盲点でした。

 

 

 

 

でも確かにそうですよね。

使い切ってしまえば、鉄のカンカンなので資源ごみやそういった回収屋さんで良いかと思いますが、塗料の中身が入っているとどこに頼んでいんのか分からないですよね。

今日回収させていただいた塗料も、平成10年のラベルが貼ってあったのでもう16年も前の塗料!!

しかもしっかりと一斗缶に塗料が入っていました。

以前ご主人さんがご自身でお家の塀か何かを塗られたみたいでその時の塗料のあまりとゆうことでしたが、結構こういう状況の方もいるのかな??と思いました。

塗料も夏になると膨張したりして危険ですし(溶剤の場合)、あまりに保管状況が悪いと缶自体が腐食して穴が開き塗料が漏れ出す、なんてこともあります。

 

 

 

お家で使いさしの塗料が眠っている方がいれば、ぜひご相談ください^^

量や場所によっては多少お代をいただきますが、基本は無料で回収させていただきます!

 

 

一級塗装技能士が在籍。職人直営店の東海装建

 

 

 

 

 

塗装・塗り替えの事ならあま市の東海装建にお任せ下さい!