なっちゃんの塗装日記 paint blog

外壁をさわると粉がつく!?

2020年05月19日

あ〜天気が良く洗濯日和だな〜

っと、ベランダに洗濯を干したり布団を干したり。

その後部屋の中に戻った時。

服の袖や、手など汚れていた経験ありませんでしょうか??

それはもしかすると「チョーキング」かもしれませんね。

 

ベランダに出た時に外壁に服がこ擦れたり、手で触れたりするとつくことがある物です。

この「チョーキング」。

一体なんだろうか?

 

正体は、

塗膜が劣化すると塗料の色成分の顔料が粉状になって出てくることもの。

 

 

顔料??

顔料とは簡単に言うと色そのもののようなものです。

この顔料と樹脂、まだ多くのもが入りますがこのようなもので塗料が出来ています。

(だいぶはしおってます笑)

 

そして、多くの外壁にはなにかしら塗装がしてあります

新築でも現場や出荷前に工場で、塗り替えでしたら現場で。

塗料と呼ばれる液体状のものを塗ると、それは塗膜と呼ばれるものに変わります。

この塗膜が紫外線や雨などから建物を守ると言うわけです。

そしてこの塗膜に科学的に色々起こると出てくるわけです。チョーキングが。

私は塗装やですが、科学的なことは正直よくわかりません。

ほんとに簡単に言うと、先にも書いたように、

塗膜が劣化してくると出てくる現象やものと言うことです。

 

実際の写真です

 

 

指にしっかり付いてますよね?

この指についているのがチョーキングです。

白い壁なら白い粉が、クリームの壁ならクリームの粉がつきます。

 

これが出てくると塗膜が、外壁の保護をできなくなってきているサインです。

サイディングの場合、板が剃ったり、割れたり。

ALCの場合も同じく板が割れたりといったことになってきます。

 

天気の良い日に是非一度、ご自分のお家の壁を触ってみてください。

このような粉が指についた時には、塗装を検討されると良いかもしれません。

また、無料で伺って診断もさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

電話も、メールも全て私が対応します^^

 

しつこいことは絶対にありませんのでご安心を^^

 

 

一級塗装技能士が塗る!!職人直営店の東海装建

 

 

 

 

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • お問い合わせ・ご相談 contact

    外壁塗装、屋根塗装、防水工事、各種リフォームなど、まずはお気軽にご相談ください。ご相談から施工、メンテナンスまで一級塗装技能士の職人が丁寧に対応させていただきます。

    0120-931-066

    営業時間 8:00〜19:00