TEL:0120-931-066

塗り替え時期について

外壁は常に紫外線、酸性雨、排気、砂埃などにさらされており徐々に劣化していきます。
それをほおっておくと漏水や腐食など住まいの大きなトラブルの原因になってしまい、修理に多額の費用が掛かってしまったり、家の価値を大きく損なったりしてしまいます。

そんな事になる前に、次のような劣化のサインが出ていないか定期的にチェックしてみましょう。

退色・変色

退色・変色

新築の頃は鮮やかな色で光沢のある外壁も年を経るごとに塗料に含まれる樹脂が劣化して、塗料の色が変わったりツヤが落ちたりしていきますこれを変色・退色と呼び塗り替えサインの初期症状です。

チョーキング

新築や塗替え直後の時と比べて、塗装の色が違って見えるのは、塗膜の表面が紫外線や酸性雨等の影響により、塗料の樹脂や顔料が分解され、変色してしまう為です。これが塗料劣化の初期症状と言えます。
塗料の色褪せや変色が更に進行した状態が、チョーキング(塗膜の白亜化)です。この場合、塗装の表面を指先で擦ると、塗料の顔料や樹脂が付着します。
膜にチョーキングが発生してきた時に塗替え工事を行う事が、一番お値打ちな価格で塗替え工事が出来ます。

チョーキング

カビ・コケ・藻

カビ・コケ・藻

塗膜表面のカビ、コケ、藻の発生は、塗料に含まれる薬効である防カビ、防藻剤の効力が無くなった塗膜の表面にカビ、コケ、藻等が発生します。
この様な状態になりますと、建物の美観を大きく損ない、塗膜の劣化や、素地の劣化を推し進めます。
このような外壁は入念な高圧洗浄や専用の洗剤・除菌剤で除去する必要があります。洗浄作業をしっかりしたうえで塗装作業に入ることで仕上がり具合や耐久性を大きく向上させます。

クラック・ヘアクラック

クラックとはひび割れの事をいい、壁面に生じた微細なひび割れの事を、へアクラックと言います。微細なひび割れは、壁面の素地が傷み始めている状態と言えます。
このような外壁を塗り替える場合はフィラー材という下地調整材・微弾性下地調整材などでしっかり補修(ヘアクラックをうめてしまう)を行ったうえで仕上げの上塗りを行うことで耐久性が高く、きれいな塗り替えを行う事ができます。

クラック・ヘアクラック

塗膜のはがれ・浮き

塗膜のはがれ・浮き

水分・紫外線・アルカリ・酸等が原因で塗膜に付着力が無くなり、塗膜が剥がれ落ちた状態の事を塗膜剥離と言います。 特に木部は、モルタル等に比べ、多く水分を吸収・放出するので、塗膜が早く劣化します。
露出した素地は、塗膜による保護層が無い為、美観だけの問題ではなく、素地の劣化・腐食の大きな原因となります。
この様な理由から、塗膜が剥離している状態が見られる場合は、早期の補修塗装・塗替え工事をおススメ致します。

シーリングの劣化

目地や躯体接合部分のシーリング材は硬くなり、ヒビが入り、切れたり裂けてしまったりします。
劣化したシーリング部分からは雨水が躯体内部へ浸水し、建物本体も劣化させます。また、雨漏りとして屋内を濡らすこともあります。
劣化したシーリングは撤去し、新たにシーリング剤を充填することが必要になります。

シーリングの劣化

サビ・欠損

サビ・欠損

鉄部やとたん屋根などにみられるサビ、これは完全に塗膜が浮いたりはがれたりして素地の防護機能をうしなっている事で腐食しています。
一旦サビができるとどんどん腐食が進み穴があいたり、折れてしまったり欠損につながります。こうなってしまうと塗装での修復不可能になり取り換えが必要になりよけいに費用が掛かってしまう事も多々あります。
サビを見つけたら初期の段階でケレン作業を行いサビをしっかり落としたうえでさび止めを塗り、上塗りをして再度塗膜で防御します。

塗装・塗り替えの事ならあま市の東海装建にお任せ下さい!