TEL:0120-931-066

ガイナ

ガイナとは

多くの人たちが常に快適な生活をしたいと思っていますが、暑い夏、寒い冬、騒音、臭いなど、たくさんの問題を感じながら生活しています。

ガイナは独自技術により「熱の均衡化」を実現し、夏の暑さや冬の寒さに対応するだけではなく、騒音や臭いにも対応することができます。

熱は高いところから低いところへ移動する
熱は高いところから低いところへ移動する
ガイナの技術、多層化したセラミックが「熱の均衡化」をもたらす
多層化したセラミック

ガイナの構成は、特殊セラミック層になっています。
この特殊セラミックが、周辺の温度に適応し、その結果、熱の均衡化をもたらし、熱の移動を抑える働きとなります。

ガイナの主な機能

※ご覧になりたい機能をクリックしてください。

暑さ対策
寒さ対策
騒音対策
臭い対策
その他対策
お得な情報

断熱と保湿による防熱対策

ガイナの遮熱メカニズム
ガイナの遮熱メカニズム

ガイナの特殊球体セラミックは、太陽光に含まれる紫外線を、球体のプリズム効果によって、反射と屈折を繰り返すことで、屋内に到達するエネルギー量を減少させていきます。(図の左)

またセラミックに配合された遮熱物質の働きによって太陽光に含まれる赤外線を反射します。(図の右)

内装に施工して冷房効果を高める
ガイナ未施工
ガイナ施工後

上図左のようにエアコンを使用することで室内空気温度が低くなっても、壁や天井にある高い熱は室内へ侵入してしまいます。

上図右はガイナをクロスや天井などの内装へ施工することで、エアコンをつけたその時から、エアコンの冷気温度とガイナ表面温度が適応することにより、熱の移動を最小限に抑えています。

ガイナを施工することで、体感温度を低下させる
ガイナ未施工
ガイナ施工後

上図左の部屋は室内空気温度が20度に対し、壁・天井の表面温度は40度もあり、体感温度は30度まで上昇してしまいます。「(20度+40度)÷2=30度」

ガイナを内装に施工した上図右の部屋は、室内空気温度は左の部屋と同じく20度でも、壁・天井の表面温度がエアコンの冷気温度に順応することで、体感温度は20度となり、未施工の左の部屋より10度も低くなります。
「(20度+20度)÷2=20度」

断熱と保湿による防寒対策

外装に施工して放熱を抑える
外装に施工して放熱を抑える

熱は性質上、高いところから低いところへ移動します。

ガイナを外壁や屋根などの外装に施工することで、外の空気温度と塗布した表面温度が適応することにで熱の均衡化が起き、その表面で熱の移動を最小限に抑えることができます。
この仕組により、室内の暖かな空気の外部への移動を減らします。

内装に施工をして暖房効果を高める
ガイナ未施工
ガイナ施工後

上図左のように室内空気温度を高めても、壁や天井などの内装の温度が低ければ、熱は壁や天井から流出してしまいます。

上図右はガイナをクロスや天井などの内装に施工することで、室内空気温度とガイナの表面温度が適応し、熱の移動を最小限に抑えています。

ガイナを施工することで、体感温度を上昇させる
ガイナ未施工
ガイナ施工後

上図左の部屋は室内空気温度が30度に対し、壁・天井の表面温度は10度である、体感温度は20度まで低下してしまいます。「(20度+20度)÷2=20度」

ガイナを内装に施工した上図右の部屋は、室内空気温度は左の部屋と同じく30度でも、壁・天井の表面温度が暖房で暖めた室内空気温度に順応することで、体感温度は30度となり、未施工の左の部屋より10度も高くなります。
「(30度+30度)÷2=30度」

遮音と防音による騒音対策

ガイナの特殊セラミックで音を反射・制振
ガイナの特殊セラミックで音を反射・制振

ガイナの塗膜は、硬質なセラミックの層とその内側にある空気を含んだ球体の多層で構成されています。

左の図をご覧ください。ガイナの塗膜に音がぶつかりセラミックの層で反射し、空気の層で吸収を繰り返す構造になっています。

さらに、セラミックの層は塗膜内で多層となっており、その効果から、塗膜内部に侵入してきた音も、その振動を軽減され、音を小さくします。

空気質改善による臭い対策

臭いや汚濁物質の浮遊・付着を抑える
臭いや汚濁物質の浮遊・付着を抑える

通常、空気中を浮遊するホコリ、チリ、花粉などの汚濁物質は、プラスの電気を帯びることで、浮遊しています。これらの汚濁物質は、やがて室内の壁や天井に静電付着します。

ガイナは、帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質が付着しにくく、さらに、イオン化した水分が、浮遊している汚濁物質と結合をし、浮遊しにくくします。

ガイナで元気が出る空気室を生み出す
施工前・施工後イオンデータ

まずは上図の施工前と施工後のイオンデータをご覧ください。

ガイナに含まれる特殊セラミックは、熱や光エネルギーを受けると、その優れた遠赤外線放射性脳により、遠赤外線を放出します。遠赤外線は室内空気の水分子に作用し、マイナスイオン化されます。

マイナスイオン化された空気中の水分は、塵埃等の代表であるホコリや花粉といった汚濁物質を無害化し空気を浄化する働きがあります。また、マイナスイオン化された水分子は空気中を漂い、呼吸により体内に取り込まれます。

この働きにより、ガイナで施工された室内空気は、私たちにとって理想的な空間をもたらします。いわば、「元気の出る空気」となり、とても快適な住環境を創り出します。

その他効果 防露・耐久・安全・不燃

防露 結露の原因となる熱移動を減少させ、結露の発生を抑え、快適な住環境を実現。
防露・結露対策

住宅の壁や天井、窓、押入れの中など、私たちの生活は多くの場所で結露が発生しています。

一般的に結露は、空気中の熱が窓や壁面などを熱が通過する際に発生します。温度差がある場合、熱は必ず高熱なところから低熱なところへ移動するため、温度の低い、窓や壁面などに結露が発生します。

ガイナの塗膜は、周囲の温度変化に適応する特性を持っており、ガイナを塗布した塗膜面が室温の変化にあわせて同じ温度に近づきます。

結果的に、温度差が減少するため、熱の移動が抑えられ、結露の発生を抑制する効果が期待できます。

耐久 ガイナの特質で、建物を長寿命化させることが可能です。
耐久性

ガイナは、対紫外線でもっとも強いセラミックを多層構造化しており、一般の塗料の2〜3倍の耐久性を誇り、さらに、断熱・遮熱性能によって、建物の膨張・収縮を最小限に抑えることが可能です。

対紫外線への耐久性は、紫外線の吸収率で評価しています。

紫外線吸収率・キセノン2000時間複合サイクル試験
安全 水性塗料であるガイナは安心安全です。内装用ガイナは、F☆☆☆☆を取得。
安全性

ガイナは水性塗料なので、危険物である有機溶剤などを使用しておりません。また内装用ガイナは、室内空気環境の安全性の基準である、F☆☆☆☆(フォースター)を取得しています。

またガイナは外装にも使用するため、F☆☆☆☆を取得することができませんが、右下の表の通り、アルデヒド類や揮発性有機化合物(VOC)に対して、F☆☆☆☆と同程度の安全性能を確保しています。

不燃 ガイナは国交省大臣から認定を受けている不燃材料です。
不燃性

政令で規定された不燃性能の技術水準に適合する建築材料には、不燃材料、準不燃材料、難燃材料の3ランクあり、ガイナは、その最も優れた、不燃材料として国交省大臣から認定を受けています。

不燃性

ガイナのお得な情報

10年後のトータルコストの比較表(塗布コストから省エネ効果を差し引く)
塗布コスト

※倉庫瓦棒屋根(1,300㎡)に塗布した際の実測値を元に算出しています。


初期コストの大きなガイナですが、省エネによる効果で、設備(倉庫、建物等)の維持コストが下がります。なおかつ、見えない経済効果として、この倉庫では、エアコン設備の台数を引き下げることができ、夏季の屋根への散水も不要となり、建物に対する負荷も緩和されました。また、省エネ効果による、10年間のCO2削減量は、一般家庭の年間のCO2排出量40世帯分に相当し、総量は、189.6tとなりました。

冬にも発揮!ガイナの効果
冬にも発揮!ガイナの効果
断熱材より効果大
断熱材より効果大
ガイナは「JAXA COSMODE PROJECT」ブランド商品です
「JAXA COSMODE PROJECT」

JAXA COSMODE PROJECT は、日本の宇宙技術から生まれた最先端のアイディアをより多くの人の日常に届けるために開発された、プロダクト開発プロジェクトです。

東海装建のオススメする理由

東海装建がオススメします!

遮熱とは違い、夏はもちろん冬にも効果が期待できる断熱塗料です。
屋根にも外壁にも塗装可能です。
質感にも特徴がありザラザラとしていて全く艶がない商品となっています。
艶々したお家ではなく艶がないモダンな感じをご希望の方、またはスレート屋根などにオススメです!

塗装・塗り替えの事ならあま市の東海装建にお任せ下さい!