TEL:0120-931-066

ファイン4Fセラミック

ファイン4Fセラミックとは

フッ素と聞いて焦げ付かないフライパンを思い浮かべる方は多いでしょう。このフッ素とは20世紀の大発明とも言われており、発見されてからの日が浅く、さらなる技術の展開が期待されています。
この貴重なフッ素ですが、地球上に多々存在する元素の中でも最も反応性が強い元素です。
その強い反応性はガラスや貴金属をボロボロにし、水は炎を上げて燃えるなどの反応を起こします。
そして、この強い反応性は様々な元素と結びつき、多様な化合物へと変貌します。

この特性を活用し、フッ素樹脂が開発されました。
フッ素樹脂は非粘着性、耐薬品性、断熱性、耐候性、難燃性などの性質を持ち、塗料の世界でも実用化されました。

ファイン4Fセラミックはこのフッ素樹脂塗料を、更に強靭な性能による優れた耐候性、環境にも配慮された塗料として生まれました。

従来のフッ素樹脂は3Fタイプと呼ばれるものが主流でした。しかし、塩素原子が弱く、それを防ぐため、塩素原子に替わりもう一つのフッ素原子とセラミック変性樹脂(無機系)を加えました。
その結果、見事に弱点を克服し、3Fの性能を凌駕したのが「ファイン4Fセラミック」です。

進化する塗料の流れ
ファイン4Fセラミック

ファイン4Fセラミックの3つの大きな特徴

※ご覧になりたい機能をクリックしてください。

超耐久性能
ライフサイクル
超低汚染

※超耐久性能、超低汚染に加え、ターペン可溶、防藻・防カビ、透湿性、高弾性などの機能があります。

超耐久性能 いつまでも美しく、住まいを守る

紫外線照射(SWOM)による促進耐候性試験結果
紫外線照射(SWOM)による促進耐候性試験結果

左図の試験結果は劣化促進試験機を使用し、塗膜に強力な紫外線を照射した結果になります。
これまでの一般的なフッ素樹脂塗料と比較し、ファイン4Fセラミックは非常に高耐久な試験結果が出ていることがわかります。

外壁劣化進行図
外壁劣化進行図

塗替え時期を誤ると建物の美観のみならず、下地まで痛めてしまうため、結果的に更に規模の大きな修繕工事が必要になる場合があります。
塗替えのタイミングを見誤らず、早めの対策が重要です。

ライフサイクル 性能を高めライフサイクルコストを低減

様々な種類が存在する塗料の中でも常温乾燥系フッ素樹脂塗料は頭ひとつ抜けた耐久性が期待できます。高機能な塗料として、高層建築や公共施設など耐久性が求められる場面で多く利用されています。
現状でも高機能なフッ素樹脂塗料に求められているのは、更なる耐久性・低汚染性です。
ファイン4Fセラミックは、求められる性能を強化することに成功し、建物に必要なメンテナンス時期を延長させ、洗浄にかかるコストも低減させました。
結果的にライフサイクルコストを削減させ、環境負荷の軽減も実現させています。

ライフサイクルコストの比較

超低汚染

雨だれ汚染を防ぐ高いレベルの親水性

外壁の表面に出来る雨すじ状の汚れは、外壁上部にある水平面や突起物に蓄積した塵埃・ほこり等が堆積し、降雨時に汚濁水となって外壁を流れてしまい、その際、塗膜に汚れが付着することで発生します。
ファイン4Fセラミックは塗膜表面の親水性を徹底的に高め雨だれ汚染を防ぎます。

水濡れ性の指標
汚れを雨で洗い流すしくみ

塗膜表面を水に濡れやすい状態にすることが、雨だれ汚染を防止対策として最も有効です。
濡れやすい状態にすることで、カーボン等の親油性物質が付着することを防ぎ、降雨時に付着した汚れを洗い流してくれます。

塗膜と汚染物質のモデル図

東海装建のオススメする理由

東海装建がオススメします!

他のメーカーなど多数あるフッ素塗料のなかでもこの4Fセラミックは№1の性能をもっているフッ素塗料といえます。弊社ではフッ素といえばこちらの塗料しか使用しません。
高耐久はもちろんのこと、シリコンを上回る光沢保持率など抜群の効果を発揮します。
お値段は高めですが、それに見合う働きをしてくれますのでプランで迷ったときにはオススメです!!

塗装・塗り替えの事ならあま市の東海装建にお任せ下さい!