TEL:0120-931-066

なっちゃんの塗装日記

塗装ラッシュ!!

2019-04-27

平成もいよいよ今日いれて4日。

まだまだ先の話と思ってましたが、最近平成を振り返る番組などやってるのを見るとなんだか寂しくなっちゃいますね。

特に昔の歌番組を見るとあー年数経ったんだなとしみじみ感じてしまいます笑

私は昭和生まれ(58年)なので、今回が2回目の改元。

もちろん平成になった時は覚えていませんが。

 

 

令和になるからなのか、もしくは増税が待っているからなのか、もしくはどちらもかとも思いますが、

見積もり依頼が殺到しています。

ありがたいことです^^

ただ、現状大変お待たせしている状況です。申し訳ありません。

一軒一軒見積もり作成をしていますので今しばらくお待ちくださると助かります。

 

 

 最近は更新する時間がなかなかなく、溜めてしまいましたがそこから少しずつ出していきたいと思います。

 

まずは扉の塗装。

お客様よりリピートして頂きました。

ありがとうございます!

こちら塗装前。

CB022088-A4F0-4991-B6E0-BC4C745E22F8

 

吹付により塗装をすると〜

 

DF0D2481-6B0E-4670-8F84-59788B7BC92B

 

 

 

1E21E095-CC57-4942-B843-A5A1E5A64CCD

 

 

 

はい!完成です!!

とっても綺麗になりお客さんも満足してくれましたー^^

 

 

そしてこちら

 

BACA2452-B32D-4074-A36B-04389E9E489C

 

こちらは外壁・屋根の金属張施行中のお家からです。

だいぶ仕上がってきました!!

 

新築のようになっていますね!

下地の状態などで、塗装が難しい場合はこのように金属サイディング貼り提案になります。

 

もう少しで完成です^^

 

 

 

GWも10連休ではなく動いていますので、お家のことで悩まれている時はこのお休みの間にでも、

お気軽にご相談ください^^

営業マンではない、職人である私が細かく分かりやすくご説明させていただきます。

 

もちろんしつこいことは一切いたしませんのでご安心ください!!

 

 

一級技能士が塗る!職人直営店の東海装建!

 

 

 

サイディング貼り工事と塗装!!

2019-04-05

今更ながら、新元号「令和」

 

この日記をつけるためにパソコンで打っても一発で変換されません・・・笑

でもなんとなくかっこいい感じがします。

まだ聴きなれませんが。

だんだん慣れていくんでしょうね^^

 

 

平成も残りわずかになりました。

平成から令和にまたいでになる現場を一つ。

 

外壁「サイディング貼り」

屋根「ガルバニウム鋼板貼り」

 

 

外壁屋根の痛み具合で塗装で難しい場合には、このようなご提案もしています。

 

瓦を解体→下地貼り→ルーフィング貼り→ガルバニウム鋼板貼り

といった流れになります。

まだ施行中ですが少し。

 

6C4BCF50-FC6C-47BB-852D-D95ED3560EF9

 

 

 

 

2DE0A08E-B531-4C13-A31A-95C2A8D1115B

 

 

 

 

 

 

 

1AF0765F-4A55-4215-8E08-6941479139E2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

09C52D13-254B-47A2-A40C-ADF3216A3C47

 

費用はかさみますが、これからも長く安心してお家に住むため必要なことです。

 

 

 

ここの所、現状の痛み具合無視で塗装してしまう業者が多いような気がします。

おそらく知識がないのでしょう。

しかし当たり前ですが、

まず塗る必要があるかどうか。

次は塗装をして、提案したような耐久年数までもつかどうか。

この判断は非常に大事ですが、知識と経験がないと難しいのも事実です。

 

 

耐久年数はどうしても塗料パンフレットようにはいきません。

しかし鵜呑みにしたままお客さんに提案。

「この塗料を塗れば20年持ちます。」

といったものの10年でダメになった場合どうするのでょうか?

家の塗り替えには塗装だけではなく様々なものの耐久も絡んできます。

塗料のみの耐久で次回の塗り替え時期が決まるものではありません。

しかし、営業マンさんにそれだけもちます。といわれればな信じてしまう気持ちもわかります。

難しいですが、その情報をお客さんも見極めることが大切かもしれませんね。

 

 

なので、私はそのような提案はしないようにしています。

経験上知り得た知識でなるべく実際の耐久年数に近い年数で、かつ次回の修繕時期も考えてご提案します。

 

 

 

金額も大事です。

しかし、ただ数年だけのその場しのぎになってしまてはいけませんし、お客さんもそれは望んでいないはずです。

わからないことだらけではあると思いますが、

しっかりと業者に話を聞いて、ご自身が納得されてから工事依頼をされるといいかと思います。

 

 

 

一級技能士が塗る!職人直営店の東海装建!

 

 

 

 

 

 

 

塗装・塗り替えの事ならあま市の東海装建にお任せ下さい!