TEL:0120-931-066

なっちゃんの塗装日記

曇り時々雨!!

2016-05-26

唐突ですが、曇り時々雨

これは私ども塗装屋さんにとって一番最悪な天気です。

只の曇りなら作業することに全く問題はありません。しかし時々雨とゆうのがくっついてくるだけで作業ができなくなります。

 

東海装建では昼以降とか、夕方からとか時間帯にもよりますが、雨が降っていなくても降りそうな予報がでていればその日の作業は致しません。

実はこれは珍しいんです。

 

 

ではなぜ作業をしてはいけないのか??

その時は降っていなくても、塗装中にぽつぽつと降ってきたりや塗り終わった直後に降ってきたりとゆうのを未然に防ぐためです。

塗装は湿度にたいへん弱いものです。(乾いてしまえば問題はありませんが)

乾くまでの間、湿度が高い状態ですと色がぼやけ白くなってしまう現象「ブラッシング」とゆうものができてしまうからなんです。

せっかくいい塗料、いい腕で塗装しても結局は塗料が乾燥するまでの湿度で善し悪しが決まってしまいます。

 

 

なので、お家の塗り替えなどでも雨が降っていても雨があたらない箇所のみ塗装していたり、ビニール養生で雨があたらないようにして強引に塗装をしてるのをよく見ますがこれは、非常にまずい光景です。

しかし工期に追われて強引にやっている業者が結構いるものです。

そのようなことは本来絶対あってはいけないことなんです。

弊社ではどんなに雨が続き、工期が遅れても強引にはやりません。

お客様には足場が長くかかっていることになるのでご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、品質を守る事・きちんとした仕事をするとゆうことで弊社を選んでいただいているわけですのでそこで業者都合で妥協はできないわけです。

 

そこまで思い仕事をしているわけではありますが、たまには曇り時々雨の予報で休んだのに結果、全く雨が降らなかった、とゆうことも正直あります。

(そうゆうときは大概めちゃくちゃ晴れてます・・)

今日は結果晴れたから作業してくれればよかったのに・・と思っているお客様もいると思います。

しかし、ぜひご理解を頂ければと思います。

塗装は非常に天気に左右されやすい仕事です。

それでもしっかりとした品質の施工をして、お客様に喜んでいただきたいんです!!

 

 

 

・・・早くスカッと晴れた日が来てほしいです!!

 

 

 

 一級塗装技能士が在籍。職人直営店の東海装建

 

 

瓦の塗装!!

2016-05-18

いやいや、長雨が終わったとたんに真夏になったみたいですね。

急な気温の変化があるときは外仕事の我々はきおつけなければいけません・・・

 

 

今回は瓦の塗装。

瓦が塗装できるとみなさんご存知でしょうか??

実はできるんです。

ただ特殊な瓦のみで、基本は塗装は致しません。

 

特殊な瓦の一つ、「モニエル瓦」の塗装をご紹介します。

この瓦は乾式コンクリート瓦が正式な名称なんですが、一般的にモニエル瓦と私たちは呼んでいます。※商品の名前からきています

こちらの瓦、塗装が必要な瓦でして外壁とセットで塗り替えサイクルが回ってきます。

瓦は塗らなくてもよい。

と思っている方多いと思いますが、実は塗らないといけない瓦もあるんですね~。

このような瓦です。

DSCN0016

 

これは中塗り中になります。

 

 

そして上塗り。

 

DSCN0056

 

たっぷりと吸い込みがなくなるまで塗装してく必要があります。

 耐久はプランによっても変わりますが10年~15年ほどのプランの中から選んでいただく形になります。

 

 

 瓦の塗装の選別は一般の方には非常に難しいと思います。

気になる際は一度無料の診断を受けることをお勧めいたします^^

 

 

一級塗装技能士が在籍。職人直営店の東海装建

 

 

 

仕上げ工程!!

2016-05-09

いや~雨が多い!!!

ここのところ非常に雨が多いですよね。なかなか作業が進まず申し訳ありません・・・

 

 

現在施工中のお客様のお家も、そんなこんなでなかなか進まずに日曜日も作業させていただきました。その中から少し作業風景をパシャリ。

外壁にタイル調のサイディングが使用されていたのですが、築年数と劣化具合もありクリアはお勧めできず「タイル再現工法」での施工中です。

この工法はタイル調のサイディングにクリア塗装をかけれない場合に職人の手作業でタイルを再現する高度な技術がいるプランになります。

タイル調のサイディングへのクリア塗装は10年以内にするのが基本です。※チョーキングする前でないとお勧めはできません

なので、チョーキングしている際はこのタイル再現工法か、一色での塗りつぶしになってしまいます。

今回は「2色でのタイル再現工法」になります。

 

この写真は中塗り完了後写真です。

目地の色で塗装してあり、この時点で下塗り1回→中塗り2回(目地色の黒)完了になり、この後タイル再現を塗装でしていきます。(仕上げの塗装があと2回です)

1色での塗りつぶしですとこのようにのぺっとしてしまうんですよね・・・

IMG_1714

 

 しかし別の色で仕上げの2回塗りが終わると、このようになり完成です。

IMG_1744

 

どうでしょうか?

本物のタイルのような仕上がりになります^^

とても立体感が出て高級感も増します。

そして新築当時のように綺麗にできるんです。

これは、高度な塗装技術と手間がかかる仕上げになり、職人直営店で1級塗装技能士がいる弊社が得意としているプランでもあります。

 

しかしまだ細かな手直しがあるんです。

このタイル再現の場合は手直しも通常以上に手間をかけます。

 

こちらが手直し風景です。

いや~本当に細かいんです、刷毛も使用しますが筆も使いながら細かな箇所の手直しをしていきます。

IMG_1759

 

 

しっかりと手直しをしている最中です^^

もうあと少し、天気が続いてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装・塗り替えの事ならあま市の東海装建にお任せ下さい!