TEL:0120-931-066

なっちゃんの塗装日記

屋根塗装の重要性part2!!

2016-03-22

先日の日記、「屋根塗装 重要性」続きになります。

 

前回は洗浄がいかに大事かとゆうこと、トルネード洗浄がいかに凄いか、を中心に書いたんですが、今回はその後の「塗装」編です。

こちらの写真は前回も載せましたが、洗浄後です。

 

 

 

IMG_1194

 

そしてこの後は下塗りに突入です。

 

この下塗りには、のりのような役割があり、色がつく塗料で中塗り、上塗りと後から塗るんですが、その後から塗る塗料との密着をしてくれる、大変重要な作業になります。

ここをおろそかにしてしまうと、密着不良により塗料の膜がベロベロっと捲れてきてしまううんです。

この様な屋根材・カラーベストの場合、下塗塗料はかなり吸い込んでいくのが通常です。

なので吸い込みがなくなるまで下塗りを何層にも塗る必要があります。

通常だと1回~2回ほどで吸い込みは止まります。

吸い込みが止まった目安は、板が乾いた状態で濡れ色になっている。これになれば下塗り完了です!!

 

では下塗り1回目です。

IMG_1211

 

 

 さすがにこれだけ既存塗膜がなくなってしまうと下塗り1回では吸い込みが止まるわけもなく、アッとゆうまに吸い込んで塗る前と同じ状態に戻ります。

勿論、翌日2回目です。

 

 

こちらが下塗り2回目塗り途中です。

IMG_1212

塗りながら下がっていくんですが、手前の方まで来ると最初に塗っていた(奥の方です)ところがもう乾いています・・・

東海装建では非常に良い塗料を使用しているので、通常だとこのあたりで吸い込みがなくなってくるもんですが・・・

これではだめです。

板が乾いても濡れ色になったら合格サインですから。

とゆうことでまた翌日3回目の下塗り突入です。

 

 

IMG_1242

 

IMG_1245

 

下塗り3回目完了の翌日です。

やっと全体に濡れ色感が出ています!!

これで次の工程に進めます!!

ちょっと写真だ分かりずらいかもしれませんね・・・

このあとは中塗り・上塗りでこのようになりました!!

IMG_1266

 

うんうん^^

いい仕上がりです!

しっかりと縁切りもしてお客様も満足していただけ良かったです^^

あま市でのご依頼ありがとうございました!

 

 

 

 

塗装とゆうのは基本は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りです※一部例外もあります

しかし今回のように下地の状況によって下塗り回数は変わります

今回は計5回塗り。(下塗り3回+中塗り+上塗り)

 

ここで要注意なのが、なんでも塗料は多く塗ればよいとゆうことでは無い。

中塗り・上塗りを規定以上に塗っても効果はありません。

原液4回塗りなど、必要以上に厚く塗れば長持ちするとゆうことではありません。

意味がないんです。

しかし勘違いしているお客様も多くいらっしゃいます。

※これは残念ながら、業者の誘導によるものがほとんどですが。

 

 

ただ下塗りは多く塗ることに意味はあります。

密着です。

なので塗り回数を増やす場合は下塗りです。

 この下塗りの重要性を覚えておくだけで、業者選びの参考になると思います。

 

 

一級塗装技能士が在籍。職人直営店の東海装建

 

 

 

遮熱フッ素!!

2016-03-10

先日、完工したお客様より、弊社ではあまり使用しない塗料を使わせていただきましたので載せさせていただきます!!

それは・・・

遮熱フッ素!!

しかも弊社では一番よく使用するメーカーになりますが、国内大手の日本ペイントの遮熱フッ素で施工させていただきました。

そこは私が一番信頼しているメーカー。

他社の遮熱フッ素とは比べ物にならないほどの耐久・遮熱効果が期待できます。

 

 

遮熱塗料は、熱になる「熱射エネルギー」反射させることで外壁や屋根などの発熱量を減らすことが出来る、たいへん高性能な塗料になります。

これを塗ることで夏の暑い日など、塗装面の表面温度を低下させることが出来るんです。

色にもよりますがホワイト(一番反射率が高い)を使用することで、実験上は91.0%の反射率にもなります。

凄いですよね!!91%も反射するなんて。

これにより、真夏の外壁表面温度が最大で17℃ぐらい変わってきます(外壁の素材による)

 

 

そんな高性能は塗料。

初めに書きましたが弊社ではあまり使いません。

なぜか??

 

窓が多いお家には全く合わず、ほとんど遮熱効果が期待できません。

 

 

熱とゆうのは外壁よりもほとんどが窓から出入りします。

窓が大きければ大きいほど、また南面に窓が多いなどの条件では節電効果は期待できません。

節電効果を求めるのであれば色々と条件がつきます。

なので窓が多いなど条件に合わないお家には、壁や屋根だけ施工してもほとんど気休め程度にしか効果がないんです。

遮熱塗料とゆうのは、非常に高額なプランです。

そんな高額なプランで塗り替えしても、お家の形状によっては宝の持ち腐れになるわけです。

効果が期待できないのであれば単価が高くなる遮熱を塗るのは非常にもったいなく、遮熱がついていないプランでいいですよね。

業者サイドの単価つり上げの為に塗るようなものになってしまいます。

また、条件的に合わないけど、節電効果を期待するのであれば全く違う提案が必要です。それは割愛させていただきますが・・

 

 

とゆうことで最近のお家ではなかなか条件が合うお家がないんです。なので弊社では条件次第でしかお勧めしていません。

 

何だ遮熱って効果がないのか・・・

と思うかもしれませんが、きちんと分かったうえでの施工であれば、そこは超高性能塗料。しっかりと節電効果が期待できます!!

なので条件次第でお勧めできる特殊なプランになるんですよ^^

 

 

今回は西面が広く、窓も比較的小さく条件的にはいけると思ったのでご提案させていただきました。

西日がとても熱く大変だとゆうお客様の声もお聞きしての提案です。

 

 

日本ペイントの高性能遮熱はさることながら、これまた業界ではトップの日本ペイントのフッ素が混ぜ込んである塗料、サーモアイウォール4Fを使用しております。

この塗料はいいですよ~!!

塗料が大好きな私にとっては、なんだかウキウキする塗料になります。最高のフッ素になるので艶良し!!水性ではなく溶剤なのでまさにピッカピカです!!

IMG_0956

 

 

この肉厚感もいいですね~^^さすがに溶剤フッ素です!!

そして屋根も・・・

IMG_0959

 

同じく遮熱フッ素です。

これだけのプランでの塗装はなかなかできません。

私を信頼していただいて、このようなプランを選んでいただいたお客様に本当に感謝の気持ちです。

今年の夏にはしっかりと遮熱効果を発揮し、節電や快適に過ごせることと思います。

 

 

ただ良い商品を売るのではなく、お家に合った最善の商品を選ぶことが大切ですよね!!

塗料を熟知し、塗料の性能を最大限発揮されることが出来る、職人直営店ならではの提案かもしれませんね^^

 

 

一級塗装技能士が在籍。職人直営店の東海装建

 

 

 

屋根塗装 重要性!!

2016-03-07

いや~鼻がムズムズ。

花粉ですね・・・

外仕事がメインの私どもの天敵であるうちの一つ。

花粉。

つらいです・・・

塗装にとっては天気も安定して、作業はしやすいんですが、花粉症もちである私はコンタクトを外して、マスクをつけて、薬を飲んでとフル装備で頑張ります!!

 

 

さて今日は屋根塗装とゆうことでまず種類。

屋根の塗装とゆうと

①化粧スレート瓦(カラーベスト・コロニアル)

②瓦    (セメント瓦・モニエル瓦)

③折版・瓦棒

 

などに大きく分類されます。(あくまで塗装ができる屋根材です)

 

 

その中の①化粧スレート瓦。私どもの中では通称カラーベストと呼んでいる平たい瓦について。

カラーベストは瓦よりも軽く、安価で、比較的施工がしやすい為、今現在非常に多くの家庭に使われている屋根材でもあります。

 

しかし勿論デメリットもあります。

コケが生えやすい、割れやすい、塗り替えのやり方で板の寿命が変わる。などになります。

これらのデメリットの多くは、きちんとした塗り替えや施工方法でカバーできることもあり、カラーベストは施工業者によって大きく寿命が変わってしまう屋根材でもあるんです。

 

 

そんなカラーベストですが、あま市にて現在施工中のお宅を少しご紹介です。

 

 

IMG_1047

 

 

IMG_1042

 

捲れてます。かなり捲れてます。

 原因はいろいろありますがその一つに、「下塗りが不足」もしくは「下塗りが入っていない」この要因が大きそうです。

 

なぜそのように言えるかとゆうと・・・

 

 

IMG_1192

IMG_1194

 

この様に弊社自慢のトルネード高圧洗浄をかけると、ほとんど既存塗料がなくなってしまいました。

 

これはカラーベストに塗料がくっついていない証拠です。

しっかり落したのでカラーベストの素地が出てます。

この後に、下塗りを2回、もしくは3回塗る必要があります。吸い込みがなくなるまでしっかりと塗ってから色を付ける中塗り、上塗りの工程となります。

このように密着は非常に大切です。

上塗りよりも下塗りが大切です。

何度も言いますが、こだわるのは上に塗る物よりも下塗りです。

でも下塗りは隠れてしまうのでとても地味で、色がついていく上塗りみたいに派手やかさがないので、あまり重要視されていないんですよね・・・

 

でもなんどでもいいます。

大事なのは上に塗る物よりも下塗りです!!

勿論上塗りも大切ですよ^^

 

さあ花粉と闘いながら、外壁も塗っていくのでどんどん綺麗になりますよ~^^

 

 

 

一級塗装技能士が在籍。職人直営店の東海装建

 

 

塗装・塗り替えの事ならあま市の東海装建にお任せ下さい!